中小企業法律支援センター

コラム:Q.任期途中の取締役を解任することはできますか。 投稿者 : 松浦 聡(弁護士)

ご利用にあたって
・中小企業向けアプリ「ポケ弁」にて配信した執筆時点のものであり、その後の法改正などは反映しておりません。
・執筆者個人の責任で発表するものであり、東京弁護士会としての見解を示すものではありません。
・個別事例に関する法的なアドバイスを行うものではありません。具体的なご相談は、東京弁護士会中小企業法律センター(URL:http://cs-lawyer.tokyo/flow/)にお問い合わせください。

執筆日:2016/7/14

A.取締役は、いつでも株主総会の決議によって解任することができます(会社法339条1項)。解任について正当な理由も必要ありません。但し、解任された者は、解任について正当な理由がある場合を除き、会社に対して、解任によって生じた損害の賠償を請求することができます(会社法339条2項)。

なお、株主総会の決議は、原則として、議決権の過半数を有する株主が出席して、その出席議決権の過半数によりますが(普通決議)、株主総会で解任の議案が否決された場合であっても、その取締役の職務執行に不正の行為または法令・定款に違反する重大な事実があるときは、一定の要件を満たす少数株主は、総会の日から30日以内に当該取締役の解任請求訴訟を提起することができます(会社法854条)。

記事をシェア