中小企業法律支援センター

福岡県弁護士会中小企業法律支援センターより講師をお招きして研修会を開催しました

福岡県弁護士会中小企業法律支援センターより講師をお招きして研修会を開催しました

 

2016年8月30日、弁護士会館(千代田区霞が関)において、福岡県弁護士会中小企業法律支援センター委員長池田耕一郎弁護士、事務局次長平田えり弁護士を講師にお招きし、『福岡県弁護士会中小企業法律支援センターにおける中小企業支援の取り組み』について講演いただき、質疑応答・ディスカッションを行いました。

両弁護士から、同センターの活動について、次のようなお話をいただきました。

①福岡県弁護士会は、中小企業へ積極的な法的支援をする方針を打ち出した。そこで、同センターは、『積極的に外に出ていく』という強い意志をもって、様々な中小企業支援機関・団体との連携・交流を深めている。例えば、同センターは、日本政策金融公庫、地域金融機関、商工会議所、よろず支援拠点、事業引継ぎセンター、他士業と合同勉強会、相談会、セミナーを開催するなどして、幅広い支援事業を展開している。

②2014年10月には、『TSUTAYA BOOKSTORE TENJIN』(福岡市)に『福岡市スタートアップカフェ』を設立し(福岡市の民間委託事業)、創業者向けセミナー(弁護士が教える30分シリーズ)や無料相談会を担当するなどして、支援者や相談者との交流・連携を深めている。実際に、スタートアップカフェの活動を通じて、新しい企業が生まれている。

両弁護士の『弁護士への敷居を低くしよう』、『弁護士が行かなければいけない所に行こう』という情熱を受け、活発な意見交換が交わされる盛会となりました。

 

当日の様子②

 

記事をシェア