ご挨拶

はじめに

わが国の中小企業は、地域経済の根幹を支え、数多くの雇用を創出しています。
多くの人々の働く場や生活を守り、
地域社会を活性化していくためには、
日々の経営が安定して行われることが求められます。
基本的人権の擁護と社会正義の実現を責務とする弁護士こそ、
中小企業の経営をきめ細やかに支援していく役割を
果たしていくべきであり、
私たち中小企業法律支援センターは、中小企業に関わる皆さまに寄り添いつつ、
経営問題の的確かつタイムリーな予防・解決のために、次のような活動を展開しております。

コンシェルジュ弁護士制度

当センターは、中小企業の皆さまのニーズに応じた最適の弁護士をご紹介できるように、
コンシェルジュ弁護士制度を採用しています。
この制度は、中小企業の皆さまからのご相談を、
「コンシェルジュ弁護士」がお電話でその概要をお伺いして、
ご要望に適切に対応できる弁護士を迅速にご紹介する制度です。
何か問題が生じたときにはもちろん、将来の悩みを抱えている段階でも、
お気軽に利用していただけると幸いです。

アウトリーチ活動・各種士業団体との連携

当センターは、自治体、各種中小企業関連団体、金融機関、各種士業の団体と密接に連携して、
イベントやセミナー、勉強会を開催するなどして、互いの強みを活かしながら、
中小企業の皆さまを総合的にサポートする取り組みを推進しています。

各種テーマへの取り組み

当センターは、経営者の高齢化に伴う事業承継や、生産性の向上も含めた働き方改革など、
今の多くの中小企業にとって重要かつ喫緊のテーマについてプロジェクトチームを組成し、
研鑽を積み、各種の提言や効果的な支援活動をできるように取り組んでおります。

おわりに

中小企業の皆さまにおかれては、法的な問題の予防や解決はもちろんのこと、
経営に関わる種々の課題や悩みの相談窓口として、
当センターを遠慮なく存分にご活用いただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

組織概要

日本国内で弁護士業務を行うためには、
すべての弁護士は日本弁護士連合会(以下「日弁連」)に登録しなければなりません。
日弁連への登録は、弁護士業務をする事務所が所在する各地の弁護士会を通じて行われます。
日本全国には52の弁護士会が存在しており、
その内訳は「45の府県庁所在地」「札幌・函館・旭川・釧路の各地方裁判所」「東京は例外的に3つ」
となっています。
当センターは、東京にある日本最大規模の弁護士会である「東京弁護士会」が運営しています。

所在地
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1丁目1番3号弁護士会館6階(東京弁護士会内)

東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、千代田線「霞ヶ関駅」
B1-b出口より直通

東京メトロ有楽町線「桜田門駅」
5番出口より徒歩8分

TEL 03-3581-8977
受付時間/平日 9:30~16:00